ハチクマ

養蜂を始めるきっかけになった鳥です

蜂が大好きだからハチクマと呼ぶようです。

5月になったら、日本にやってきて子育てをします。うまくペアになって、子育てができたら、たくさん蜂の子(スズメバチなど)を食べて海を渡って南に帰ります。

幼鳥は3歳くらいになったら、再び日本にやってきます。毎年同じところをえさ場や営巣場所にするようです。

ハチクマの子育てまでをほぼ、毎日記録しました!

まずは、ハチクマ雌暗色型

_00007_20210224155101

同じく雌白色型

22_00007

虹彩がきれい

41_00007

虹彩が赤いので、ルビーと名付けました。

287_00007_20210224155401

22_00007 59_00007_20210224155501

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)