野鳥観察

2021年7月26日 (月)

チゴモズの撮影

突然の雷や豪雨のなか、撮影できました♪

無事に巣立ちが」できたことを祈りつつ・・・

 

 

Photo_20210726101702 

Photo_20210726101501

 

 

Photo_20210726101604

Photo_20210726101605

Photo_20210726101601

暑い日が続きますが、皆様ご自愛くださいませ<m(__)m>

今日も最後まで見てくださってありがとうございました♪

iine

2021年6月26日 (土)

森の妖精

妖精、まさにその名の通り、いるのは分かるけど(鳴き声で)姿を確認できても暗くてシャッターがぶれる((+_+))

やっと何とか撮れた証拠写真!

でも、会いたかった鳥なので、頑張った甲斐がありました♪

Photo_20210626191901

56

65

53

52

Photo_20210626192001

Photo_20210626192101

誰かが言ってた。

努力するから叶うんじゃない・・・

  叶うまで努力するから叶うんだ・・・・と、

そう、努力が叶わなかったのは、もしかしたら寸前であきらめていたのかも・・・

 

たかが、鳥。

  されど鳥!

期待して、出かけて行って(早朝から)出会えた時は、なんかやっぱり嬉しい!

 

今日も最後まで見てくださってありがとうございました♪

iine

2021年6月13日 (日)

サギのコロニーに行くと色んなサギが集結していました♪

この時期、必ず撮るアマサギ

Photo_20210613190001

Photo_20210613190002

Photo_20210613190003

Photo_20210613190004

コサギと一緒にいましたが、コサギが威嚇していますね♪

Photo_20210613190101

Photo_20210613190201

ここから段々大きくなります。まずはチュウサギ

Photo_20210613190301

Photo_20210613190302

チュウダイサギ

Photo_20210613190501

Photo_20210613190502

 

今日も最後まで見てくださってありがとうございました♪

 

iine

2021年5月26日 (水)

アジサシ

アジサシは鯵(アジ)を刺して捕まえて捕食するところからアジサシと言う名前が付いたようですが・・・

コアジサシは実際に鯵を捕まえてはいないようです(*^^*)

Photo_20210526093803

Photo_20210526093802

Photo_20210526093801

アジサシの仲間では珍鳥のクロハラアジサシ

Photo_20210526094002

Photo_20210526094001

Photo_20210526094003

Photo_20210526094301

腹が黒いから区別しているようですが、ハラグロと名前がつかなくてよかったですね(^^)v

そして、こちらも珍鳥のハジロクロハラアジサシ

頭も黒くなっていて目が写っていません((+_+))

Photo_20210526094401

Photo_20210526094302

Photo_20210526094303

ハジロの意味は嘴(クチバシ)が一部白いからか・・・

羽の白の意味なのか・・・どっちなんだろうと考えています

天候不順で今年も農作物や天災が不安ですが、どうか何事もおこりませんように・・・

今日も最後まで見てくださってありがとうございました<m(__)m>

 

iine

 

2021年5月17日 (月)

ツバメの親子

巣立ちしたばかりのような子ツバメに給餌する親ツバメ

交互で何度も何度も給餌していました。

忙しそうな親ツバメの素早い給餌の様子を高速連写機能を活かして撮影してみました♪

Photo_20210517134701

 

Photo_20210517134801

Photo_20210517134802

Photo_20210517134901

Photo_20210517134902

Photo_20210517134903

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

iine

 

2021年5月14日 (金)

チュウシャクシギ

ここのところ、鳥運に見放されている状態が続きます。

河口に行ってみましたが、お馴染みさんたちでした♪

_00001_10

_00001_12

_00001_04

_00001_07_20210514190001

_00001_01_20210514185901

_00001_02

干潟が出てくると、ここで大好物のカニを食べています

今日も最後まで見てくださってありがとうございました(#^.^#)

iine

 

2021年4月11日 (日)

黒ツグミ到着

昨年うまく撮れなかった黒ツグミ

今年は到着早々を狙ってみました!

警戒心が強くて、なかなか撮れませんが、何とか黒ツグミと判別できるものが撮れたのでアップしました。

Photo_20210411193803

 

Photo_20210411193802

Photo_20210411193801

こちらは黒ツグミの雌

3_00001_20210411194301

そして最後は約30分おきに出てくる黒ツグミの待ち時間に撮ったコゲラ

Photo_20210411193804

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

iine

 

 

 

2021年3月23日 (火)

コクガン

マヒワの近くの港で孤独に漂っていました。。。

ホントにルートを外れた鳥たちがたくさんいるようです。。。

バーダーには嬉しいんですけど・・・

元気そうなんで、必ず仲間の元へ帰れますように・・・(#^.^#)

Photo_20210323200902

Photo_20210323200801

Photo_20210323200802

Photo_20210323200803

Photo_20210323200901

Photo_20210323200902

レースの襟模様が自慢の様です。

黒い顔なので、なかなか目が出ません。

愛層のよい鳥です♪

今日も最後まで、見てくださってありがとうございます<m(__)m>

固定リンクの隣に小さい♡がありますので、よかったら押してくださいませ♪

      励みになりますので・・・・

iine

 

 

 

2021年3月22日 (月)

マヒワの観察

今期はマヒワにたくさん出会えました♪

水飲み場に定期的にやって来ては、飛び立って行きます。

本命はこのなんじゅっぱもいる群れの中のたった一羽の頭が赤いヒワ

結局、何回も通いましたが、見逃してしまいました。。。。

ただ、マヒワも会いたかった鳥です。

沢山の場面があり、楽しい鳥撮タイムでした♪

Photo_20210322202702

Photo_20210322202701

Photo_20210322202602

Photo_20210322202601

 

今日も最後まで見てくださってありがとうございました(#^.^#)

iine

 

 

 

2021年3月10日 (水)

オオノスリ

Wikipediaより

タカ目タカ科ノスリ属生活型:日本では稀に冬期に飛来することがあります生息地:農耕地、牧草地、干拓地など全長:61cmから72cm(ノスリは50センチから60cm)日本で観察できるノスリやケアシノスリの仲間で、大きさは最も大きい(トビとほぼ同じ位)中国大陸から朝鮮半島に生息しており、冬鳥として主に西日本に稀に渡来する。

今年は西日本の3か所(河北市・香川県・鳥取県)で確認がありました。

あえて嬉しいです♪

少し遠くてピンアマですが・・・証拠写真としてアップします。

Photo_20210310194905

こちらは普通種ノスリ  胸の模様で識別するようです

Photo_20210310195001

参考までにこちらは過去に撮ったケアシノスリ

同じような羽を広げた写真がなかったので、ケアシ(毛足)と言う特徴がよく出ているので

209

ここからオオノスリ  大きいノスリと言う意味ですから、ちょうどうまい具合にトビにモビングされてました

ランデブー飛行ではないです。

Photo_20210310194903

Photo_20210310194902

Photo_20210310194901

Photo_20210310194904

結局トビに追われてしまいました!

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

iine