« 今度はマヒワの群れ | トップページ | マヒワの観察 »

2021年3月10日 (水)

オオノスリ

Wikipediaより

タカ目タカ科ノスリ属生活型:日本では稀に冬期に飛来することがあります生息地:農耕地、牧草地、干拓地など全長:61cmから72cm(ノスリは50センチから60cm)日本で観察できるノスリやケアシノスリの仲間で、大きさは最も大きい(トビとほぼ同じ位)中国大陸から朝鮮半島に生息しており、冬鳥として主に西日本に稀に渡来する。

今年は西日本の3か所(河北市・香川県・鳥取県)で確認がありました。

あえて嬉しいです♪

少し遠くてピンアマですが・・・証拠写真としてアップします。

Photo_20210310194905

こちらは普通種ノスリ  胸の模様で識別するようです

Photo_20210310195001

参考までにこちらは過去に撮ったケアシノスリ

同じような羽を広げた写真がなかったので、ケアシ(毛足)と言う特徴がよく出ているので

209

ここからオオノスリ  大きいノスリと言う意味ですから、ちょうどうまい具合にトビにモビングされてました

ランデブー飛行ではないです。

Photo_20210310194903

Photo_20210310194902

Photo_20210310194901

Photo_20210310194904

結局トビに追われてしまいました!

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

iine

 

 

 

« 今度はマヒワの群れ | トップページ | マヒワの観察 »

野鳥観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度はマヒワの群れ | トップページ | マヒワの観察 »