« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

夏の天の川

この時期の天の川、本来なら一番きれいでかっこいい時期です。

しかし、今年の猛暑で、空がくっきりと冴えわたる日が少なかったです。8月のお盆前後に3日間ほど、新月前に撮影のチャンスが訪れました!そうなるとやはり、撮影は厳しい条件下での当地瀬戸内の天の川にこだわりたくなります。

ちょうど、流星も期待できるときだったので、まずは小高い山へ

何とか火球が入りました(^^)v

Photo_20200831054901

同じ場所でもう一枚

Photo_20200831055001

そして次の日は、瀬戸内海の海面から昇る天の川を

_00001jpg4

同じ海岸線を少し車で移動して・・・

_00001jpg6

さらに次の日も、星空指数高そうだったので・・・

石の風車に天の川をかけてみようと、またまた小高い山へ

6jpg1

この日は、さすがに雲が出て、天の川ギリギリです。やはり天の川撮影は難しくて、天の神様の御機嫌に左右されるなあと思いながらも、心地良い汗をかいた三日間でした♪

次は、春先に寒さとカメラレンズの露防止と戦いながら、夜空が晴れ渡るときを楽しみにしようと思います♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます

iine

 

2020年8月 3日 (月)

初めてのシソジュース作り

毎年この時期は真っ赤なシソジュースの原液を頂いてきました。

昨年、薬味用にシソの根っこがついたままの物を一本頂いて植えて、一夏の食卓を飾りました。

そのこぼれ種が落ちて、

Dsc_0651

「まぁ、素敵!今年は買う必要がないわ♪」なんて喜んでいたら、すごいことに。

で、お昼の素麺には、副菜のごとく山盛りに入れたり、天ぷらにしたり、玉子焼きには、料亭風に敷いたりと、沢山のバリエーションで楽しみました。

それでもまだまだ沢山あるから初めて、シソジュースにチャレンジしました。

これが思った以上に大変でした!

レシピ

シソの葉っぱ300g

砂糖1kg

水2l

クエン酸25g

Dsc_0648

 

材料はいたってシンプル

普通にお店で手に入ります。クエン酸はドラッグストアーにあります。

丁寧にクエン酸には、シソジュースの作り方も書いてました!

でも、でも、何が大変かと、、、

そうです!シソ300g!

一ざる約100g

Dsc_0645

 

Dsc_0646

半端ない量なんです!それを一枚一枚丁寧に洗って、洗って、洗って

たっぷり2時間近くかかりました!

腰がいたくなりそう。。。地味な作業にもくもくと取り組み、いつも頂きながら、こんな大変だとは。感謝が足らなかったと反省しながら、💦

さあ、やっと沸騰したお湯にシソをザブンと!

ほとんど鍋一杯です。2分位ゆでて、シソを絞りながら引き上げ、粗熱がとれたらクエン酸を??

粗熱がとれたらって、どれくらい?こんな基本的な事も初めての時は慎重です。早速パソコンへ。

最近は便利です。恥をしのんで人様に尋ねなくても、パソコンが教えてくれます!

そうすると、同じように悩んだ

投稿が沢山ありました!

皆、同じように悩む所は同じみたいです。(^_^;)

そんなこんなで、丁度粗熱がとれました!

 

クエン酸を入れたら、

うわーヘ(゜ο°;)ノ

綺麗な赤に!

Dsc_0647

7倍位に薄めて、ほんのり爽やかなピンク色に!

Dsc_0649

良いですね~♪

自分ながらうっとり♪

皆さまも、画像で楽しんでくださいm(__)m

シソジュースは、夏バテ防止に良いそうです!

今日も最後まで読んで下さってありがとうございましたm(__)m

そして、写真は実はスマホで撮ってみました(*^^)vボケボケでした~~~~

iine

 

2020年8月 1日 (土)

ネオワイズ彗星(C/2020F3)

ネオワイズ彗星(C/2020F3)は、赤外線観測衛星NEOWISEによって2020年に発見された長周期衛星。NEOWISE彗星という名称のついた彗星は複数発見されているため、明確な区別のため(c/2020F3)表記が付いたそうです。
日本ではネオワイズ彗星と呼称され、7月ごろ3等前後まで明るくなると予想され、中旬以降から夕方から宵の北西に見えると期待されていたが、西日本は雨続きで一番良い時期を逃しました。。。。

 

7月上旬に太陽に最も接近した際に消滅せず生き残るかどうかが、最初のポイントでした。7月末から8月初めころにも明るさを保っていれば、かみのけ座の散開星団Mel111やM64などと接近する 様子が楽しめるそうですが、どれが星団なのは説明できません。

 

ただ、ラストチャンスの1日の夜は夕立の後で、夜空が思ったより澄んでいて、約30分くらい撮影を楽しむことができました。
彗星の尾はほとんど消えかけていますが、西日本での撮影は困難と言われている中でも、撮れたこと(出会えたこと)に感動です!

 

次に太陽に近づくのは5000年以上先だと言われています。
そのことに人類は遭遇できるのでしょうか?

10_20200801173001

Photo_20200801173101

撮影に付き合ってくれた、星の先輩は「これだけ核が写ってればすごい!」

って言ってくれました!

尾っぽももっと、長い写真を撮りたかったのですが、5000年後にまたきっと、どこかで誰かになってチャレンジしたいと思いました!

 

こちらは昨夜の月~ウサギが見つけられそうですね♪~

_00001_20200801173401

一昨日の雨上がりの夕方

_00001_20200801173601

今日も最後まで見てくださってありがとうございます<m(__)m>

 

iine

« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »