黒ツグミ到着

昨年うまく撮れなかった黒ツグミ

今年は到着早々を狙ってみました!

警戒心が強くて、なかなか撮れませんが、何とか黒ツグミと判別できるものが撮れたのでアップしました。

Photo_20210411193803

 

Photo_20210411193802

Photo_20210411193801

こちらは黒ツグミの雌

3_00001_20210411194301

そして最後は約30分おきに出てくる黒ツグミの待ち時間に撮ったコゲラ

Photo_20210411193804

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

iine

 

 

 

2021年3月23日 (火)

コクガン

マヒワの近くの港で孤独に漂っていました。。。

ホントにルートを外れた鳥たちがたくさんいるようです。。。

バーダーには嬉しいんですけど・・・

元気そうなんで、必ず仲間の元へ帰れますように・・・(#^.^#)

Photo_20210323200902

Photo_20210323200801

Photo_20210323200802

Photo_20210323200803

Photo_20210323200901

Photo_20210323200902

レースの襟模様が自慢の様です。

黒い顔なので、なかなか目が出ません。

愛層のよい鳥です♪

今日も最後まで、見てくださってありがとうございます<m(__)m>

固定リンクの隣に小さい♡がありますので、よかったら押してくださいませ♪

      励みになりますので・・・・

iine

 

 

 

2021年3月22日 (月)

マヒワの観察

今期はマヒワにたくさん出会えました♪

水飲み場に定期的にやって来ては、飛び立って行きます。

本命はこのなんじゅっぱもいる群れの中のたった一羽の頭が赤いヒワ

結局、何回も通いましたが、見逃してしまいました。。。。

ただ、マヒワも会いたかった鳥です。

沢山の場面があり、楽しい鳥撮タイムでした♪

Photo_20210322202702

Photo_20210322202701

Photo_20210322202602

Photo_20210322202601

 

今日も最後まで見てくださってありがとうございました(#^.^#)

iine

 

 

 

2021年3月10日 (水)

オオノスリ

Wikipediaより

タカ目タカ科ノスリ属生活型:日本では稀に冬期に飛来することがあります生息地:農耕地、牧草地、干拓地など全長:61cmから72cm(ノスリは50センチから60cm)日本で観察できるノスリやケアシノスリの仲間で、大きさは最も大きい(トビとほぼ同じ位)中国大陸から朝鮮半島に生息しており、冬鳥として主に西日本に稀に渡来する。

今年は西日本の3か所(河北市・香川県・鳥取県)で確認がありました。

あえて嬉しいです♪

少し遠くてピンアマですが・・・証拠写真としてアップします。

Photo_20210310194905

こちらは普通種ノスリ  胸の模様で識別するようです

Photo_20210310195001

参考までにこちらは過去に撮ったケアシノスリ

同じような羽を広げた写真がなかったので、ケアシ(毛足)と言う特徴がよく出ているので

209

ここからオオノスリ  大きいノスリと言う意味ですから、ちょうどうまい具合にトビにモビングされてました

ランデブー飛行ではないです。

Photo_20210310194903

Photo_20210310194902

Photo_20210310194901

Photo_20210310194904

結局トビに追われてしまいました!

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

iine

 

 

 

2021年2月26日 (金)

今度はマヒワの群れ

今の時期は鳥たちの移動が始まる時期

バーダーにとっては、楽しみな時期

寒さも、遠征先のおしゃれなランチも我慢して、トイレのない山間部ではトイレもギリギリまで我慢して

でも、お目当ての鳥に必ず会えるとは限りません。。。

それでも、夜中から出発して、現地で明るくなるのを待って・・・

待って、待って・・・・

結局お目当ての鳥には会えなくて・・・

それでも止められない鳥撮り・・・自分でも、どこの何に魅かれているのか・・・それでも今日も撮り情報を求めてさまよう私・・・

いつも付いてきてくれるワンコが頼りになる相棒♪

Photo_20210226174901

Photo_20210226175203

Photo_20210226175202

Photo_20210226175001

Photo_20210226175201

Photo_20210226175101

Photo_20210226175002

 

iine

 

 

 

2021年2月23日 (火)

今年はキレンジャクが多い!

東日本に多いキレンジャク(黄連雀)、西日本に多いヒレンジャク(緋連雀)

それでも、たくさんの群れに1羽くらいは紛れているのですが、今年はなぜかキレンジャクが多くて

少し舞い上がって撮ってます!

すごい場面を残念ながら、ピンボケに・・・・

あ~~~~あ! 

   まだまだ、修行が足りませんねぇ~~~~


Photo_20210223180201

Photo_20210223180202

Photo_20210223180301

こちらはキレンジャクのペアの様です。ディスプレイも見せてくれたのですが・・・ピンアマで載せれず

Photo_20210223180302

Photo_20210223180303

 

Photo_20210223180401

しっぽの先が黄色いのがキレンジャク,赤いのがヒレンジャクです。

大食漢でたくさん食べて、たくさん飲んで、たくさん出して・・・

最後の一枚はがぶ飲みした水を飲みこみ切れずに口からこぼしている瞬間です。

撮っててとっても楽しい時間でした♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました♪

 

 

iine

 

 

 

今日も野鳥

最近は珍しい鳥が迷い込んでくるんだけど、、、

情報をもらっても、遠征は怖いから

近場をひっそりと撮ってます。

コガラ

Photo_20210223172401

シジュウカラ

_00001_20210223172501

ゴジュウカラ

Photo_20210223172402

 

年齢制限のある鳥のような名前ですね♪

 

人懐こいヤマガラ

Photo_20210223172701

エナガ

Photo_20210223175301

 

カラ類に分類されています。

カラ類とはシジュウカラをはじめとする山野鳥の総称です。シジュウカラ科のシジュウカラをはじめ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラなどを言う。ゴジュウカラ、エナガを含めることもある。大きさはほぼスズメ大で、こずえの間を活発に動き回る。コガラやヒガラは山地に見られ、シジュウカラは市街地でも見られる(Wikipediaより)

 

今日も最後まで、読んでくださってありがとうございます♪

iine

 

 

 

2021年2月14日 (日)

クロジとアオジ

クロジという縁起の良い名前の小鳥です!

クロジと言いながら、青色ですね。

アオバトと言いながら緑色

アオジと言いながらこちらもミドリ???

 

そういえば、青信号と言いながら緑だよね。

日本語表記の際に青と緑が変化した???

 

日本語って・・・難しい???

Photo_20210214154401

Photo_20210214154501

Photo_20210214154502

_00001_20210214154601

10_00001_20210214154601

Photo_20210215154201

一番最後の画像がアオジです♪

iine

 

 

2021年2月13日 (土)

今年は迷鳥が多い?!

最近は毎年言ってる気がしますが、迷鳥(通常のルートを外れる旅鳥)との出会いが多いです。

迷鳥情報も探鳥仲間からいただくのですが、コロナが怖くて遠征できません(涙)

なくなく近場に現れた珍鳥や迷鳥を撮りに行きます。

ムジセッカ

Photo_20210213184202

 

Photo_20210213184201

_00001_14

 

シベリアジュリン

_00001_20210213184901

おまけに撮ったメジロ

写真の出来はこれが一番良かったです!

_00001_07

_00001_09_00001_08

今日も最後まで見てくださってありがとうございます♪

 

iine

 

 

2021年2月12日 (金)

今年の初投稿

今更になってしまいましたが、このブログに立ち寄ってくださる方から、最近投稿がないからさぼってるって、、、、

なんか嬉しくなって♪

そうなんだぁ~

コメント残してなくても、いいね!がなくても、ちゃんと見てくれてるんだなぁ~~~♪

それで、今年の抱負(エヘン)

     今更ですが・・・まじめに更新します!・・・ハイ!

     よろしくお願いいたします<m(__)m>

 

初アップはライフワークにしているクマタカ

正月に行くと、ペアで出迎えてくれました♪

_00001_20210212161201

_00001_20210212161202

_00001_20210212161105

_00001_20210212161102

_00001_20210212161103

_00001_20210212161104

_00001_20210212161101

クマタカは食物連鎖の頂上に君臨する「森の王者」と言われ美しい飛翔姿に魅了されるバーダーが多いです。

日本国内に約1800頭いると言われているが、実際にはもう少し多いと考えられています。

絶滅危惧種1B種(絶滅の恐れのある野生動植物を保存に関する法律)で自然環境を守られているところで生息する姿を確認することができます。しかしながら、近年は森林を保存することがなかなかできにくくなっていて、年々その数は減っているのか・・・増えているのか・・・

写真のようにペアでいるということは今年は子育てが期待できそうですが・・・・

上面 暗灰褐色 下面は単色で細かい班がある。顔面は黒く目は黄色(成長、幼鳥の時はグレー)

頭上の羽毛は長く冠羽状になるとカッコいいです!

体調70~80cm  翼開状138~169cm 体重2~3.5kg 雌が雄よりやや大きい

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます♪

iine

 

 

«年賀